小学生の娘に暴行して骨折の大けがを負わせたとして、三重県警は4日、同県鈴鹿市住吉4丁目、
トラック運転手水落幹雄容疑者(46)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「学校を休んだことに腹がたった」と容疑を認めているという。

 鈴鹿署によると、水落容疑者は6月12日午後0時半ごろ、自宅で小学生の娘(9)の顔面を殴ったり髪の毛を引っ張ったりして、
左頬骨折の大けがを負わせた疑いがある。水落容疑者は50代の妻と娘の3人暮らし。娘は妻の連れ子だという。
県北勢児童相談所から13日に「身体的虐待を認知した」と署に通報があり、発覚した。

 児童相談所は5月17日にも虐待の疑いがあるとしてこの娘を一時保護していたが、同月22日に家庭復帰したという。
署は日常的な虐待がなかったか調べる。

朝日
http://www.asahi.com/articles/ASK7442NNK74ONFB00D.html

コメント一覧
50代の妻
顔面骨折してたら学校休むだろ普通
エラ骨削ってると簡単に砕けるのよ
父親の顔面の骨を折ってやりたい
一時保護して返すまでの間に、どういう話し合いがなされたのか。
虐待を行う可能性が無いことを確認した上で返すべきだったんじゃないのか。
底辺は連鎖する
9歳の連れ子とか、可愛い盛りやん。
俺なら毎晩、添い寝してあげたいわ。
連れ子なんて他人じゃん、殴っちゃあかんて
あと5年もしたら
レイプされるんだろうなあ