携帯から。

2017/12/16

終電。記録です。外での作業やった。息が白い。冬の始まりを感じる。先輩が帰り際に飲み物を差し入れてくれた。こないだ怒られたヤンキーの手伝い。入れるべき物を紛失したらしく、目が泳いでいた。俺らが梱包した物を片っ端から開けまくる。ない。俺らに謝りながら顔面蒼白。結局、彼の作業場の近くにそれはあった。死ぬほどほっこりしよった。あれ以来、目も合わさんかったが、仕事となれば。つかあいつ出来る奴なのに。責任のデカさが違い過ぎるんだよな。苦労を労って肉まんとか買ってきてくれた。ありがとう。